糖尿病は体臭の原因にもなる

生活習慣病のリスクを感じる方は居ますが、糖尿病は血中糖分が多くなってしまう血液疾患であり、この血糖が調整出来なくなればケトン体が発生します。
ケトン体は血中でアセトンに変わるのですが、これが甘い臭いを誘発させて、体臭が甘酸っぱいような臭いになる原因になります。
体の臭いに悩んだ時に酸っぱい臭いや甘酸っぱい臭いというのは、糖尿病が発症している可能性がありますから注意が必要です。
糖尿病の特徴としては腎臓機能が悪化する事によって、アンモニアの独特な臭いを発生させるようになり、これが酸っぱい臭いを誘発させており、糖尿病自体は怖い生活習慣病の一種ではありますが、同時に体臭の悩みも抱えさせてしまうものになります。